生命保険契約者保護機構

生命保険契約者保護機構とは、保険業法にもとづいて作られた保険契約者保護を目的とした法人。1998年12月に設立された。

国内で営業を行うすべての生命保険会社が加盟している。生命保険会社が破綻した場合に以下の方法のいずれかで保険契約を継続させて、保険契約者の保護を図る。

1.破綻した生命保険会社の契約を引き継ぐ救済保険会社への資金援助

2.救済保険会社が現れない場合は、生命保険契約者保護機構の子会社として新設される承継保険会社ヘの保険契約の継承

3.生命保険契約者保護機構みずからが契約を引き受ける

いずれの場合でも、保険契約者は保険会社破綻時点の保険契約の責任準備金の90%までが補償される。