生命保険の買い取り

生命保険の買い取りとは、生命保険契約が元の契約者の死亡前に、第二者に対し現金で売却されることである。

生命保険の買い取りのほとんどは、余命2年未満の末期患者が医療費にあてる目的で、生命保険の売却を選択した際に生じる。

生命保険の買い取りでは、第三者は生命保険の前契約者に対し、解約払戻金を上回るが死亡保険金よりは低い金額を支払うのが、一般的である。被保険者が死亡した際には、生命保険契約の新しい所有者が死亡保険金を受け取り、被保険者に支払った金額と、請求に
より支払われた保険金の金額との差額で、利益を得る。生命保険の買い取りに特化した企業もあり、投資としてそれらを転売することもある。