生命保険の清算

生命保険の清算とは、保険契約者が生命保険を必要としなくなった場合、第三者に保険を売却すること。

契約者に支払われる総額は死亡保険金より少ないが、一般に解約返戻金額を上回る。契約者の保険証券を買い取った第三者が、契約者の死亡時に死亡保険金を受け取る。

生命保険の買い取りと似ているが、生命保険の清算は、契約者が死亡保険金を放棄して、保険契約の売却で得た現金を生存中に使うのである。ただし、生命保険の清算は、健康でこれから数年は生存することが見込める人に適用されるものである。