特定銘柄とは

特定銘柄とは、証券取引所が売買人気が高い、市場全体をリードする銘柄を指定して、寄付きと引けに一般銘柄とは異なる「げきたく」と呼ばれる競争売買を行う対象とした銘柄のこと。1954年10月に、それまでの指定銘柄制度にかわって設定された。

この制度は、1973年に特別信用が適用された指定銘柄制度にとってかわられた。さらに指定銘柄制度も1991年には廃止された。