特定金銭信託とは

特定金銭信託とは、運用方法や運用先を委託者が特定できる金銭信託、つまり貸付金であれば貸付先、金額、期間、利率などを、株式運用であれば銘柄、株数、値段などを委託者が特定する仕組みとなっているものである。特金信とも呼ばれる。

事業法人、中小金融機関などから生・損保などまで幅広く利用される。