特別預金制度

特別預金制度(special deposit scheme)とは、ロンドン手形交換所加盟銀行とスコットランド系銀行が、イングランド銀行へ預金総額の一定割合を特別預金として預入する制度。1960年に開始されたイギリスの預金準備制度。

預入比率は市況にあわせて弾力的に変更されており、市中銀行貸出の調節手段として使われる。