特別国際金融取引勘定

特別国際金融取引勘定とは、オフショア取引専用の勘定のこと。

日本では1986年12月にオフショア市場(JOM、東京オフショア市場)が創設されたが、オフショア市場で取引を行う銀行は、オフショア取引の資金を一般取引資金と区分して経理を行うことが義務づけられているため、その際に使われる勘定である。