無遺言死亡人

無遺言死亡人とは、遺言書を残さずに死亡した者のこと。

無遺言死亡人は、検認後見裁判所または孤児裁判所としても知られている。死亡者の住所がある州にある検認裁判所が、死亡者の資産相続権利者や、未成年者の後見人を決定する。
遺産管理とも呼ばれるこの手続きには、時間と費用がかかる可能性があり、無遺言死亡人が望んでいたものを反映するとは限らない。