為替相場

為替相場(foreign exchange rate)とは、一国の通貨と外国通貨との交換比率のこと。

外国為替の売買には、外国通貨を一種の商品とみて、為替市場で売買されるが、その際の相場が外国為替相場で、自国通貨を中心とすると自国通貨の対外価格・対外価値であり、外国通貨を基準にみれば外国通貨の価値である。

たとえば、円・ドルの関係をとってみると、後者の基準で1米ドル=100円の場合、前者の基準では1円=0.01米ドル(もしくは100円=1米ドル)と表す。為替相場はまた、銀行間取引相場と対顧客相場、直物相場と先物相場などに分けられる。