為替手形

為替手形(bill of exchange)とは、振出人が第三者(支払人)に一定額の金銭の支払を委託する文言を記載した形式の金銭支払委託証券で、手形法に定める一定の手形要件を備えたもの。

これに対して、約束手形は振出人自身が支払約束する形をとる。為替手形の場合、支払人は必ず手形の支払義務を負うわけではなく、引受をすることによってはじめて支払義務が発生する。その後は引受人とよばれる。

手形は裏書によつて譲渡され、譲渡人は支払期日に支払場所である銀行に呈示して支払を受ける。銀行は支払人である引受人との当座勘定契約にもとづいて、その手形と引換えに支払を行う。