為替平衡操作

為替平衡操作とは、政府、中央銀行などの金融当局が為替相場の秩序維持や安定化のために、為替市場に介入して手持ちの外貨を売ったり(売りオペ)、市場から外貨を買い入れたりすること(買いオペ)。

通常、中央銀行がこの操作を行っており、日本では日本銀行が財務大臣の代理人の資格で外国為替資金特別会計に属する外国為替資金の管理および運営を行う。

銀行を経由するか、直接為替ブローカーを相手として為替市場介入を実施する。