消費者物価指数

消費者物価指数(CPI)とは、米国労働統計局によって毎月集計され、基本的な財やサービスの価格変化を測定するインフレの基準となるもの。

対象となるのは、住居費、食費、被服費、交通費、医療費、教育費などで。

消費者物価指数は、社会保障費、賃金、年金や税率区分などをドルの購買力と一致させるための調整を行う上でベンチマークとして用いられる。また、しばしば誤って生計費指数と混同される。