消費者信用機会均等法

消費者信用機会均等法(ECOA)は、資格がある人すべてに、クレジットの利用を保証する法律のこと。

消費者信用機会均等法(ECOA)では、貸し手がクレジット申請者を人種、性別、配偶者の有無、年齢、国籍を理由に拒否することを禁じており、さらに貸し手が公的扶助を他の収入と同様に扱うことを求めている。

貸し手は、申請者が不備のない申請書類を提出後、30日以内に、受諾または拒否しなければならず、申請者が60日以内に拒否の理由を問い合わせた場合には、その理由を説明する義務を負う。

消費者信用機会均等法(ECOA)では、貸し手に具体的な理由を提示するように求めており、不明確またはあいまいな説明を禁じている。
差別を受けていると感じたり、貸し手が苦情に応じたりしない場合には、その貸し手を監督する州の司法長官や、政府機関に通知することができる。法律上、貸し手はこの情報を提供しなければならない。