流通市場とは

流通市場とは既発行の有価証券が投資家同士で転々と売買される市場のこと。株式や公社債の発行で長期資金の調達が行われる発行市場と対比して使われる。

証券市場の適正な運営のためには両市場が有機的に結合し相互補完の関係にあることが必要とされている。

流通市場が発展することで、有価証券の円滑な売買が可能となり、流動性が高まって適正な価格を形成することにつながる。さらに購入後の容易な換金性を付与することにより、投資家の発行市場への投資や短期資金での新規発行証券への応募を促進し、発行者の長期資金調達に寄与する。