流動性リスク

流動性リスク(liquidity risk)とは、預金の払戻しや貸出の急増などで資金が不足し、これを補うために保有資産の流動化や割高なコストでの資金調達に追い込まれるようなリスクのこと。

国際金融市場においてなんらかの事情で銀行の資金調達が困難化する流動性リスクを、特にベイラビリテイリスクとよぶ。

流動性リスクは、一般的に人気薄などにより市場における取引量が少ない状態において発生する。FXは株式取引と比較すると流動性が高いため、流動性のリスクは低いが、システムの不具合などで流動性リスクが発生する場合もある。