法廷相続

法廷相続とは、死亡した者の遺産を子孫に譲渡すること。

法廷相続による分割では、受益者として指名されたそれぞれの子が、均等に分割された遺産を受け取る権利を持つ。子のうち1人がすでに死亡している場合、その者の子供たち、すなわち子の子供たちで、死亡した者の遺産相続分を分割する。