法人税とは

法人税(corporate income tax)とは法人の利潤ないし所得に対して課される税である。個人の所得税および消費税と並んでわが国の租税収入上重要な地位を占める。

法人税の性格に関する考え方として、法人擬制l説と法人実在説がある。

法人擬制説とは、権利の主体となることができるものは自然人のみで、法人は法の擬制により人格を認められているため、法人のあげた所得はすべて株主に帰属するとみる考え方である。

法人実在説は、法人とその構成員は別個の納税主体とし、それ自体の利益に対して課税し、株主との間で二重課税は発生しないという考え方である。