法人株主とは

法人株主とは法人が株式を保有して株主となっているものをいう。個人株主に対比される概念である。株式所有者は金融機関、事業法人等、証券会社、個人、外国人、政府・地方公共団体に区分される。

法人株主は株式保有の目的が貸付先・取引先との関係の維持や強化であることが多いために、個人と比べると大口の安定した株主となりやすい。そのため経営者からみれば望ましい株主といえる。

しかしながら、株主の法人化によって株主が固定されてしまうと、株式市場の需給を薄くして価格変動が大きくなりやすくなる、経営の決定がなれあいになりやすくなる、企業の財務体質を不健全なものにするといった問題も生じる。