水平利回り曲線

水平利回り曲線(イールド・カーブ)とは、米国財務省短期証券の利回りが、米国財務省長期証券の利回りと基本的に同じ場合に生じる曲線のこと。

縦軸に利回りを、横軸に満期日をとってグラフを作り、点を結んでいくとこのイールド・カーブが得られる。長期債券の利回りのほうが高く、イールド・カーブは右肩上がりの順イールド・カーブを示すが、これは資金をより長期間つなぎ留めておくことを、投資家が求めるからである。