死亡保険金

死亡保険金とは、保険の有効期間内に被保険者が死亡した場合、生命保険から受取人に支給される金銭のこと。

受取人は保険契約の額面価格を一括で受け取る。ただし、死亡保険金は、その保険を担保にしたローンが残っていれば、その分だ
け減額されることになる。

社会保障を含む退職金プランの中には、被保険者の死亡時に1度限りで、死亡保険金を受取人に支給するものもある。