機関投資家とは

機関投資家とは、個人以外の投資家で、証券投資を本業としている組織的な投資主体のこと。範囲についての明確な定義はないが、投資信託、投資顧問、年金基金、生命保険、損害保険、信託銀行、普通銀行、信用金庫、農林系統機関などがといった民間金融機関に加え、政府金融機関、さらには多額の余資を積極的に運用している事業法人などを含めて考えることが多い。機関投資家は個人投資家などの余剰資金の運用ニーズのある本来的な投資家の代わりに投資を行う。

機関投資家は運用している金額が大きく、分散投資が可能になっている。組織的な情報収集や分析を通じて投資を行えるため、個人投資家と比べると圧倒的に有利な立場にあり、市場の価格形成に影響を与えている。

機関投資家は顧客に対してフィデュシアリーデューティーを負っている。顧客の最善の利益に資するため、大量の株式取得後の議決権の行使などでの発行企業への発言力を強めている。