機関化現象とは

機関化現象とは、証券市場において機関投資家の存在や影響が著しく大きくなることをいう。投資信託、年金基金、生命保険などの機関投資家の保有比率は増加の一途をたどっている。

さらに1990年以降は外国人投資家の比率が急増している。外国人機関投資家の中にはヘッジの手法を多用したり、低PBR銘柄を対象としてM&Aを仕掛けたりするものも現れ、さらに株主総会で議決権を積極的に行使するなど、上場企業のコーポレートガバナンスにも大きな影響を及ぼしつつある。