権原証書

権原証書とは、不動産の所有権を証明する法的文書のこと。

不動産購入時に、買い手は、売り手が権原証書と移転の権利を実際に保有しているかを確かめるため、権原証券の調査、不動産記録の検査を行う。

住宅ローンを利用して不動産を購入する場合、金融業者は返済終了までの利子を確保するために、権原保険への加入を買い手に要求することが多い。
買い手の所有権に対する異議が認められた結果として、不動産を失うことがないように、金融業者自身が権限保険を掛けることもできる。