権原保険

権原保険とは、家屋や不動産の所有権が法廷で争われる場合に、貸し手の利益を保護すること。

不動産購入の最終手続きを行う前に、貸し手は権原調査を要求し、売り手が該当不動産を所有し、売却する権利を有することを保証する。

権原調査によって明らかにならない事実があることを踏まえて、貸し手は通常、住宅ローンの返済終了までの追加保証として、買い手に権原保険の購入を要求するのが一般的である。

買い手もまた、不動産に対する自分の権原と権利を保護するために、追加保険への加入を選ぶことができる。通常、権原保険は、手続き終了時に一回限りの費用として支払いを行う。一部の州では、権原保険の金額を規制している。