権利落ちとは

所定の期日を過ぎて、その株式を所有していても新株の引受権や子会社株式などの割り当てを受ける権利が消滅してしまった状態を指す。

配当を受け取る権利の消滅も含まれるが、それは「配当落ち」と呼んで区別されることが多い。

権利落ちは増資新株の株主への割り当てにともなうものが多いが、株主に割り当てられる新株の価格は時価よりも低いことがあるため、権利落ちに伴って株価は下落する。