検認

検認とは、故人の遺言書が真正であることを証明する検証手続きのこと。

遺言執行者が、文書に表明された遺産の整理と未成年者の後見人の指名を行い、故人の望みを成し遂げることが出来る。。

すべて適切であれば検認の手続きは円滑に進められる。遺言書が法的に認められるものではなかったり、遺言書の条件に異議を唱える潜在的な受取人が争いを起こしたりすれば、長い時間と多額の費用を要する。