検認遺産

検認遺産とは、遺言を通して相続人に渡す、すべての資産のこと。

自分が売ったもの、与えたもの、信託に預けたものや、特定の口座の受取人として指名することによって受取人に直接渡るものは、含まれない。

受取人に直接与えることができる資産には、退職金プランや保険証券、死亡時支払銀行口座、死亡時移転証券口座に預けている資金などがある。

さらに、生存者取得権として共有しているあらゆる財物は、検認手続きの対象から外れて、共同所有者のものとなる。ただし、死亡時に所有していたすべての資産には、共同所有物の価値の半分が含まれ、遺産の一部と見なされる。これは、相続税を課すか否かを算出するためである。