株式CFDのメリット

CFDではいろいろな種類の金融商品を使って取引をすることができます。中でも株式CFDを使って取引をしている人は結構多いようです。株式は我々にとってもなじみが深いので、敷居が低いと感じるのかもしれません。

株式CFDと実際の株式取引とでは、少し違うところがあります。株式CFDの場合、実際の株券を使って取引をしているわけではありません。ですから株式CFDを通じて何らかの銘柄を取得したとしても、本当の株主になったわけではありません。ですから現在では多くの株式会社で行っているような株主優待の特典を受けることができません。

しかし株式CFDを行っている人は、配当金を受け取ることができます。この点については、株式CFDのメリットということができるでしょう。ですからもしかすると取引なしでも、利益をあげることができるかもしれないわけです。

ただし株式CFDで配当金を受け取るためには、買いポジションでいることが条件となります。売りポジションを持っている場合には逆に配当金分を支払わないといけなくなります。売りポジションと買いポジションとでは、支払いの流れが全く逆になってしまいますから、混同しないようにしましょう。