株式併合とは

株式併合とは複数の株式をあわせて1株にする方法で、発行済み株式数を減らすことをいう。発行済み株式数は減るが、ここの株主の持分割合は変化しない。また、企業価値にも変化がないので、理論株価は2倍になる。

低位株価の水準訂正の手段として使えるが、このような目的で株価併合が使われることは非常に少ない。債務超過企業が欠損金を資本と相殺消去するときの減資にともなって行われるものが多い。

これは会社の資本金が額面株式の株金総額を下回ってはならないとする法規定に基づいて、減資に伴う資本金の減少に連動して株式数を減らすための株式併合である。

2001年の商法改正で額面株式制度が廃止されたため、資本金と発行株式数のリンクはたたれた。これによって減資のときの株式併合は必要なくなった。