株価売上高率

株価売上高率とは、株式の1株当たりの市場価格を、企業の製品やサービスの売り上げが生み出す収益1株当たりで割ったもののこと。

特定の産業や市場部門において、過小評価あるいは過大評価されている企業を識別できることが可能となる。

売上額は収益や簿価よりも操作が難しいため、企業の運営状態や、株式を購入した際に利益が出るか否かを見極めるには、株価売上高率のほうが信頼できる指標だとする金融アナリストやマネー・マネージャーもいる。

直近数年間の売り上げの堅調な伸びのほうが、現在の株価売上高率よりも、投資に際して有用な指標だとするアナリストもいる。