株価収益率

株価収益率(P/E)とは、現在の株価を1株当たりの収益で割ることで計算される企業の収益とその株価の関係を示したもの。

倍数としても知られる株式のP/Eから、その株の収益力に見合った投資をしているかどうかが分かる。

P/Eが30の株式は、その収益よりも30倍高い価格で取引されており、P/Eが15の株式は15倍である。収益が落ち込んだ場合には、通常、株式は売却され価格は下落する。

低いP/Eは、その株価が潜在的収益を実現していない、過小評価された企業のサインだと見ることができる。低いP/Eは、市場がその会社への投資はリスクが高いと評価しているといえる。

P/Eが高い株式は、急成長している企業に特有のものである。その企業の収益が投資家の高い期待を満足させることは困難であるため、P/Eの低い株式よりも価格変動が大きくなる傾向がある。

株価収益率は二つの方法で算出できる。一つは新聞の株式欄に掲載されている前期基準P/Eで、過去4四半期の収益を使っている。もう一つは予想P/Eで、一般に過去2四半期の収益と、次期2四半期分のアナリストの見通しを利用している。