株価収益率(PER)とは

株価収益率(PER:price earnings ratio)とは、株価を1株あたり税引利益(EPS: earnings per share)で割って算出した値。

株価がその企業の1株あたりの利益の何倍まで買われているかを示す評価尺度として使われている。高ければ高いほどそれだけ投資家が将来の利益成長を期待していると解される。このことから株価収益率の高い株式を成長株とよぶことがある。

何倍が妥当かという絶対的な基準はなく、同業他社との比較や業界の平均値との比較によって株価水準を評価するために用いられる。

近年では、ストックオプションを社外に対して付与するようになり、潜在株式の数が急増することになったため、潜在株式を加味して調整した後の1株あたり利益を使って算出した株価収益率も並行して使われている。