株主資本利益率(ROE)とは

株主資本利益率ROE)とは当期純利益を期首・期末平均の株主資本で除した値のこと。株主側からみた企業の収益性指標のうちの1つ。


株主資本の運用効率をあらわす指標として証券分析のうえでも財務管理の上でも重要視されている。株主資本額の簿価の代わりに時価総額を用いた比率は益回りと呼ばれる。


ROEが他の投資対象の利益率よりも低いと、その株式は投資の魅力が乏しいといえる。企業側は株主から増配や自社株買戻しによる株主資本の還元を要求される。


逆に高ければ高いほど内部留保する価値があるので、当面の増配よりも内部留保が歓迎される傾向にある。


ROEの分子には当期利益を、分母には広義の自己資本を入れるのが通常だが、目的、用途によって分子、分母の定義が異なる。