株主資本とは

株主資本とは株主が出資した資本金や資本準備金をそれらを使って生み出された利益に基づく利益準備金や利益剰余金からなる。貸借対照表の資本の部を構成し、自己資本ともいう。

会社のオーナーである株主が拠出したものであり、返済する義務がない。
経営の安定性と信用を確保する上で、株主資本を充実させることは重要である。
一般的に繰延税金資産の自己資本に占める比率が高いほうが健全性が高いといえる。