板寄せ方式

板寄せ方式とは、取引所取引の売買成立方法の1つ。約定値段決定前の売呼値および買呼値をすべて注文控え(板)に記載していき、価格優先の原則に従って数量的に合致する価格を求めて、その価格を単一の約定価格として売買契約を締結させる方法。
1日に何度か取引時点を定めておき、取引所職員が売買の注文数に応じて価格を上下させ、需給の均衡化が完全に達成されたところで取引を成立させる。コールオークション方式ともいう。その時点において「一物一価」となる。

ザラバでは一般に個別競争売買となるが、立会取引の寄付きの価格(始値)や立会終了時の価格(終値)、もしくは売買が中断された場合の再開後最初の価格を決定するときにこの方式が採用される。

つねに価格が連続的に変化するザラバ方式が世界的には主流であるが、日本の商品取引市場では、板寄せ方式が残っている。