東証株価指数とは

東証株価指数(Tokyo Stock Price lndex、TOPIX)とは、68年1月4日の第1部上場銘柄の時価総額を100とし、その後の時価総額を指数化しているものである。東京証券取引所が1969年7月から従来のダウ平均株価にかわって発表しており、東証第1部の全銘柄を対象に上場株式数をウエイトした時価総額方式を採用している.
TOPIX(トピックス)と呼ばれる。

TOPIXは、ニューヨーク証券取引所の算出しているニューヨーク証券取引所株価指数などと同様に第1部上場の全銘柄を対象にした時価総額方式により算出されているため、概念的には市場の動きを代表していると考えられる。

東京証券取引所で取引されているTOPIX先物、TOPIXオプションの原指数として利用されている。また、機関投資家の間で、パフォーマンスベンチマークとして利用されている。

日経平均指数のような価格加重指数と異なり、一部の値がさ株の価格変動によって指数が大きく影響を受けることがないという利点がある。