未成年者口座

未成年者口座とは、成人が未成年者に代わって投資を行う場合や、保有する財産を未成年に譲渡したい場合、銀行や証券会社、ミューチュアル・ファンド会社、保険会社に開設できる口座のこと。

未成年者口座の開設者は、開設者自身または他の成人を、その回座の財産管理人に指名する。

財産管理人には、その未成年者が成人年齢に達するまで、その口座を管理する責任がある。

子供の限界税率で課税される。さらに、この口座に対する贈与は、贈与人の資産の一部とは見なされず、相続税の課税対象にならなくなる場合がある。

未成年者口座の不利な点は、資産が子供の財産であると見なされ、子供が大学に進学する際に、子供が受ける資格のある金銭的支援額が減ること。