期近物国債

期近物国債とは、既発行の長期国債で償還期限が近づいており、残存期間が2年未満となったものをいう。

日本では1975年度以降に大量発行された長期国債の償還が近づいた1980年代前半から、期近物国債の残高が増加し始めた。しかしながら、市場での流通量はあまり多くない。