有担保原則

有担保原則とは、各種の金融取引に際し、担保の設定を要求する原則。日本では社債の発行、銀行貸出、インターバンク取引などのあらゆる金融取引でこの原則が慣習となっていた。このような原則が広く普及していた背景としては、昭和初期の金融恐慌のなかで無担保取引による債務不履行が多発して経済が混乱したことがあげられる。

しかしながら、金融の自由化、国際化、産業構造の変化などにともない有担保原則の適用は緩和されていき、今日では無担保コール取引や無担保社債発行などが一般的な形態となった。