普通株式とは

普通株式(common stock、ordinary share)とは権利内容が限定されていない標準的な株式である。日本の商法では、利益の配当、残余財産の分配、またはその両者について権利内容の異なる種類の株式の発行が認められている。

この場合、他の種類の株式に対して優先的権利を持つ株式を優先株式、逆に劣後的内容を有する株式を劣後株式という。
そのいずれでもなく、日本で発行されている普通株式は平等に利益の配当にあずかる権利、残余財産の分配にあずかる権利、株主総会での議決に参加する権利を持つ。

日本で発行されている株式の大部分は、一般株式というときは、通常この普通株式を指している。