早受渡制度

早受渡制度とは、株式の長期清算取引において、期日前に反対売買を行い取引所との差金決済すること。

長期清算取引の決済が円滑かつ投資家の立場にたって行われるよう、1924(大正13)年東京株式取引所で制度化された