日銀当座預金

日銀当座預金とは、金融機関が日銀に保有している当座預金。ここでいう金融機関には、銀行など預金受入機関だけでなく証券会社や短資会社なども含まれている。日銀当座預金は主として、準備預金制度の対象となっている金融機関の準備預金、金融機関が日銀や他の金融機関や国との決済手段、金融機関が個人や企業に支払う現金通貨の支払準備、という3つの役割を持つ。

日銀当座預金は、量的緩和がとられた2001年3月以降、その残高が短期市場金利に代わり金融調節の主たる操作目標となっている。