日銀保有FBの売却

日銀保有FBの売却とは、中核的な短期オープン市場としてのTB(割引短期国債)市場が十分ではない状況で、日本銀行が保有FB(政府短期証券)を市中に売却(売りオペレーション)して、資金吸収を図るために行われた。

1981年5月、日銀は金融調節手段の一環で短資会社経由で市中売却を開始した。このようなFBの売却はFB発行が公募入札制に移行する1999年3月末まで続けられた。また、当時は日銀が売リオペを行った分だけがFB市中残高となっており、季節的に大きなブレがあった。