日銀ガイドライン

日銀ガイドラインとは、日銀がガイドラインとして公表する預金の種目別・短期別の細目金利。預金金利の最高限度は臨時金利調整法で大蔵大臣の告示で決められていたが、1970年3月、預金金利弾力化を目的として告示上の最高限度区分が簡略化されて、それ以降は日銀が関係者の意見を参考として告示の最高限度の範囲内でガイドラインを出し、預金細目金利を定めて各金融機関にその遵守を要請していた。

日本での預金金利の自由化は、日銀ガイドラインの適用除外として段階的に進められた。1994年10月、定期預金金利の自由化完了で、流動性預金を除き日銀ガイドラインは廃止された。