日計り商い

日計り商い(day-trading ; intra-day-trading)とは、1日のうちに買った株をすぐに売り抜けたり、 カラ売りした株を買い戻して、目先で儲けようとする商いをいう。

1日単位で短期のキャピタルゲインを狙って投資を行う。以前は手数料のせいで個人投資家は手数料のが大きくなってしまって実行しづらい環境であったが、近年のオンライン証券会社による手数料引き下げで、個人投資家でも1日の中で売買を行うケースが増えてきている。