日歩とは

日歩(ひぶ)とは、信用取引で売建てをした投資家が、預けた資金の金利のうち証券取引所が定める所定の金利を証券会社から交付されるときの金利水準のこと。

投資家が信用取引で株式を買建てする場合には、証券会社から買付代金を借り入れることになる。その場合、投資家は市場金利に連動して証券取引所が定める所定の金利を証券会社に支払うことになる。

逆に、個々の銘柄に関して売建てが買建てを上回る状況となり、証券金融会社が外部から株券を調達してきた場合には、売建てを行う投資家から品貸料を徴収することになる。この品貸料は一般に逆日歩と呼ばれる。