日本銀行

日本銀行とは日本の中央銀行である。1882年に設立された。その使命は、各国の中央銀行同様、通貨価値の安定と信用制度の保持・育成にある。

具体的には次のような業務を通じて実現される。

・「発券銀行」としての業務

日銀は、管理通貨制度のもとで銀行券を発行するが、日本の現金通貨には銀行券と政府の発行する貨幣があり、いずれもこれを相手に渡せば決済が最終的に完了する手段として、日本の通貨制度の基礎となっている。


・「銀行の銀行」としての業務

日銀は、金融機関の預金(日銀当座預金)を保有している。人々は金融機関に預金しているが、預金通貨による決済が複数の金融機関にわたる場合には各金融機関の日銀当座預金振替で、金融機関相互間の貸借が決済されない限りは完了しない。

また日銀は、日銀当座預金の増減に表れる金融機関全体の資金過不足に対して、貸出や債券・手形の売買(オペレーション)によって資金の調節を行うことで、市場金利の不必要な急騰や急落を防ぎつつ、金融政策の観点から金利水準に働きかけを行う(金融調節)。その他の日銀のおもな金融政策手段としては、基本的な政策スタンスの変更を示すシグナルとしての公定歩合操作や、預金準備率の変更などがある。


・「政府の銀行」としての業務

日銀は政府の預金を預かり、国庫金の出納事務や国債の発行・元利払事務を行うほか、国債の登録制度や振替決済制度を運営し、資金だけでなく証券の決済機能も持つ。日銀は、セントラルバンキング業務を金融や経済の環境変化に対応して効率的に遂行するために日銀と金融機関等をオンラインで結ぶエレクトロニクスベースの決済システム(日本銀行金融ネットワークシステム)を開発・運営している。