日本証券業協会とは

日本証券業協会とは、日本証券業協会連合会および全国10地区の証券業協会が統合し、1973年に社団法人として発足した協会。有価証券の売買などの取引の公正かつ円滑さを保ち、投資家を保護することを目的としている。1992年の証券取引法の改正で証取法第68条2項の規定によって法人となり、自主規制機関としての性格を強めた。

会員には、証券会社および外国証券会社と認可金融機関の特別会員などがいる。、
主要業務は、自主規制規則の立案、制定、実施によって、協会会員間の秩序保持、取引の円滑化、紛争を排除することである。