既往症

既往症とは、保険契約を申し込む際に本人がすでに持っている健康上の問題のこと。

既往症がある場合、保険会社は一定期間、該当する健康上の問題に関連する治療への保険適用を拒否することができる。

保険会社は既往症を理由に保険加入を拒否することも可能である。さらに、保険契約を行う際に、本人が知りながら報告しなかった既往症を保険会社が発見した場合は、保険契約を失効とすることもできる。

現在の職場で保険適用を受けていて、健康保険を提供する別の職場に移った場合、新たな健康保険は既往症の有無にかかわらず保険を適用しなくてはならない。