新株引受権

新株引受権とは、有償増資の際、新株を他の者より優先的に引き受けることができる権利のこと。

株主に与えられる株主割当と、株主以外の第二者に与えられる第二者割当とがあり、通常は取締役会で決定される。

いずれも申込期日までに行使しないと失権する。主の新株引受権1定款または新株発行の際の取締役会決議で与えられる。

株主に新株引受権を与えて行う新株発行を株主割当増資と呼び、新株の発行価額は時価よりも有利に定められるが、株主平等の原則により持株比例で各株均一でなければならない。